こんにちは、ポジティブストレッチ福岡の吉開です。
「筋肉痛になってしまった際にもストレッチをしても大丈夫ですか?」
というご質問をいいただきましたので回答いたしま~す。

筋肉痛とは?

強度の強い運動や慣れない運動、普段使わない筋肉を使いすぎた場合に起こる起こるのが筋肉痛。
数時間後から翌日~翌々日というように、時間を置いて起こる「遅発性筋痛」の事を言います。

ストレッチには筋肉痛を予防&緩和させる効果あり

ストレッチには筋肉痛を予防したり緩和させたりする効果がありますので、軽度の筋肉痛の場合はいつも通りストレッチを行なうことをおすすめしています。
でも筋肉を伸ばすことであまりにも痛みを感じる場合はストレッチは控えるようにしてくださいね。

なぜ筋肉痛が緩和されるのか

激しい運動を行なうと疲労物質の乳酸が発生します。
筋肉を伸ばすことによって血流の中の乳酸を分散することができるので、疲労回復促進効果や血液循環促進が見込めます。筋肉は運動中に、緊張やけいれん、疲労や痛みに敏感です。
激しい運動を行なうと運動中だけではなく、運動終了後にもその状態が続いてますがストレッチを行なうことで筋肉の緊張が緩和され、リラックス効果を得ることができます。

筋肉痛時のストレッチの注意点

筋肉痛時は特に以下の2点に気を付けてストレッチを行ってください。

・強い伸びを感じるまで伸ばさない。
・反動をつけて伸ばさない。

少し控えめに「気持ち良さ」を実感する範囲で伸ばしていきましょうね!
あくまで無理の無い範囲でお願いします。

おススメセルフストレッチ

使い古したチューブやバスタオルを使って行なう簡単ストレッチです。
肩こり、腰痛の方におすすめです。

チューブの端と端を持ってバンザイします

身体を左右に倒していきます。交互に3回〜5回行ないましょう。

肩こり、腰痛の方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

ポジティブストレッチ福岡店では、ストレッチの他に酸素カプセルのサービスも行なっています!
お気軽にスタッフまでお問い合わせください!

友だち追加

この記事をシェアする!